自宅で定番のカミソリ

脱毛クリームを利用する前に、多くの方はカミソリを使ってムダ毛の処理を行なったことがあるという方は相当数いることでしょう。実際に、自宅で行なっているムダ毛処理の方法としてもっとも多い方法はカミソリを使ったものと言われています。

カミソリは今ではムダ毛処理用として工夫をされものも売られていますし、ドラッグストアで安価に購入ができます。気軽に行えて誰にでも利用ができるので、根強い人気はありますね。

しかし、この便利なカミソリも一歩利用方法を間違えれば、肌を痛めることとなりますので注意が必要です。脱毛クリーム同様、正しい利用方法で取り扱わなければ肌に傷跡や体調不良を引き起こす原因になりかねません。ここでは改めてカミソリの使用方法について確認をしてみましょう。

カミソリを利用した後、肌を触るととてもツルツルで綺麗になっていると感じませんか?実はカミソリは肌表面から出ているムダ毛を剃ってしまうと共に、肌表面も一緒に削り取ってしまっているのです。

そのため、目には見えなくとも細かな傷は実際についてしまっていることとなります。このままにしておくと、肌は弱った状態なので更に傷つきやすくなってしまいます。

石鹸等と使ってカミソリで処理をして綺麗に流した後は、脱毛クリームと同じく保湿ケアを十分に行ない肌を労わってあげましょう。また、毛穴に雑菌を繁殖させないため、カミソリも綺麗に洗って乾かし清潔な状態を保っておくことが必要です。

脱毛テープやワックス脱毛

脱毛クリーム以外にも様々な脱毛方法があります。その中で脱毛テープやワックス脱毛も手軽に行なえる方法として人気があります。これらは脱毛クリームとは仕組みが異なり、いたって単純にムダ毛をテープやワックスに絡めてそのまま剥がして抜いてしまうと言った方法になります。

因みに、大昔からもこのような方法が一般的として行なわれていたようです。どちらもドラッグストア等で売られており、安価に購入ができますから思い立ったら利用が気軽にできるものです。

脱毛テープの場合は購入後、ムダ毛部分に貼り付けて一気に剥がすのみですが、ワックス脱毛の場合ワックスが固まっていますので、一度溶かさなくてはなりません。溶けた後にムダ毛部分に塗り付けて乾燥をさせ、固まったとことで一気に剥がし去ります。

痛そうに思うかもしれませんが、実際には一瞬に痛みだけでビックリするような痛みはないでしょう。また、何度か繰り返すことでムダ毛が抜けやすくなるので、痛みも軽減されていきます。

この方法を行なうことで、肌表面の不要な角質も一緒に張り付いて剥がし去ってくれるので、処理後の肌は綺麗になっていいます。何度か行なうと老廃物が取れた綺麗な肌が作られますが、やり過ぎは肌に負担をかけてしまうので注意をしましょう。

特に、肌の弱い方は剥がす刺激により赤くなりやすいかもしれません。また、ムダ毛がテープやワックスに絡むくらいの長さまで残して置かなければならない必要があります。

脱毛といえば光脱毛が人気

脱毛クリームも綺麗にムダ毛処理が行なえますが、もう少し確実にそして除毛ではなく脱毛をきちんと行ないたいという方は、現在主流となっている光脱毛という方法もあります。脱毛サロンなどで行なっている脱毛のほとんどは、この光脱毛と呼ばれるものです。

この光脱毛とはどのような働きで脱毛を行なうのか、非常に気になるのではないのでしょうか。光脱毛とは、ある特殊な働きを持つ光を利用しています。

肌に光を当てると毛穴の奥まで光が届き、毛を作り出す細胞が集まっている毛球と呼ばれる黒い部分に光が集まります。

この光が集まるとどうなるのかというと、光は一瞬にして高温状態となり、細胞がその高温で組織を破壊されてしまい、毛が再生できなくなってしまうのです。大きなダメージを与えられた毛は現在生えている毛が抜け落ちてしまうと、その後の毛の再生が出来なくなってしまいますから、結果的には毛は生えることができません。それが脱毛の効果ということになるのです。

黒いものだけに反応をして高温となりますので、毛の色素が薄い人や産毛などの色素が薄い人は、あまり効果が得られない場合があります。

また、ホクロやシミなどで濃いものがあると、その部分に反応をして火傷を負ってしまう可能性がありますので、注意が必要です。脱毛クリームは便利ですが、もしも処理の回数を減らしたいという方は、この方法も併用しながら利用の検討をすると良いのではないのでしょうか。

レーザー脱毛で徹底的に綺麗にする

光脱毛と同じような働き方にレーザー脱毛と呼ばれる方法があります。この方法も脱毛クリームと部分的に上手く併用をすることで、脱毛処理がストレスなく行う事ができるかも知れません。

レーザー脱毛は脱毛の仕組みこそ光脱毛と似ているのですが、光の種類は圧倒的にレーザー脱毛の方が強く、その分脱毛効果も高いものとなります。

医療処置で利用がされるレーザーと同じものを利用しているので、その効果の高さにも納得がいきますね。そのため、レーザー脱毛行なえる場所は医療処置が行なえるクリニックや皮膚科等で医師のいるところのみと決められています。脱毛サロンでは行なえませんので注意をして下さい。

効果が高いのはとても気になるところですが、その分施術時の痛みや施術後の副作用には十分注意をする事が必要です。痛みに関して個人差はあるものの、光脱毛よりは感じやすいと言われているので、心配な方は事前相談をしましょう。

施術後の痛みや腫れは高確率で起こるものと思われますが、患部を冷やすなどの対応で落ち着く事がほとんどです。

しかし、全てをレーザー脱毛で処理をするとなると、金額もそれなりに大きくまとまった金額となり、10数万円から数十万はするようです。さすがにそこまで金額をかけることができないと言う方ばかりでしょう。必要最低限の部分やワキなど脱毛クリームが利用できない部分は思い切ってレーザー脱毛とし、その他は脱毛クリームを使用するなどもあり得ます。

家庭用脱毛器で脱毛する

現在大変人気があり注目が集まっているのが家庭用脱毛機器です。脱毛クリームを初めカミソリや脱毛ワックス以外に、脱毛サロンの働きにも負けないような高機能の家庭用脱毛器が開発されるなど、以前に比べて格段に性能が向上してきています。

また、家庭用脱毛器といっても、安価なものから十数万円という高価なものもあります。ここでは家庭用脱毛器について少し紹介をしてみたいと思います。

家庭用脱毛器は脱毛クリーム同様、自宅で好きな時間やタイミングで脱毛処理を行なうことができるので、便利と思います。また、家電量販店からインターネットで販売をされているなど、選ぶ範囲も広く迷ってしまいますね。

価格が安いからといって安易に購入を決めてしまっては、のちのち、目的と何か違うと後悔をしていまいますので、事前に各脱毛機器の特徴や働きをよく確認する事が必要です。

代表的なものとしては、爆発的に人気が上がったものに熱線で焼き切るタイプの家庭用脱毛器があります。実際には脱毛の種類ではありませんが、安全に綺麗に処理ができるので大変人気があります。

インターネットで人気があるものが、光脱毛の機能を搭載した脱毛機器です。サロンと同じ機能という事で、その効果にも期待が大きく人気があります。

しかし、いくらサロンと同じ機能といっても、家庭用に開発をされたものですから効果は同等とはいきません。場合により脱毛クリームなどと併用をしながらの利用が望ましいでしょう。